株を始めたばかりの初心者だと、株の用語が難しくてよくわからないですよね。

初心者が覚えておきたい株の用語をいくつかご紹介しますので、覚えておきましょう。

聞いたことがあるなという用語がいくつか出てくるかと思います。

★株価や取引の量に関係する用語

ニュースを観ていると、最後に株価が流れますよね。

その時に出てくる用語で、始値、終値があります。

始値は取引が始まって最初についた株価のことで、取引時間の最後についた株価を終値と言います。

そして、取引時間中についた株価で一番高いものを高値、一番安いものを安値と言います。

一日の取引時間の中で売買された株数のことを出来高と言います。

★配当やそれが良いか悪いかを評価する用語

株取引をしていて利益を上げることは魅力ですが、もう一つの魅力に配当があります。

会社から株主に現金で支払われるのが配当金ですが、1株あたりいくらと公表されるので、自分が持っている株数をかければもらえる配当金がわかります。

配当利回りというのは、「配当金÷購入株価×100」で求めることができるものです。

株を買った時の金額に対する配当金の割合です。

配当利回りは高い方が良いのです。

現金以外のサービスや商品で提供されるのが株主優待といいます。

★聞いたことがある用語から知る

いきなり難しい用語を知ろうと思っても、拒絶したくなりますよね。

ですからニュースなどで聞いたことがあるな、という用語から知るようにすればスムーズに学べるでしょう。

※バーチャルゲームで学ぶという方法も!…… ≫ ≫ トレダビ