お墓を購入するにあたって一番気になること…、それってやっぱり「いくらお金がかかるのか!?」という点でしょう。

永代使用料と墓石価格を含めたお墓購入相場ですが、2013年度では、全国では211万円、東日本では222万円、そして西日本では200万円となっています。

東日本と西日本では20万円もの差があるのは驚きですよね…。

都道府県別で見ると、東京都が圧倒的に高く269万円。

二番目が神奈川県で226万円となっています。

次に、墓石価格のみの墓石相場ですが、2013年度では、全国では142万円、東日本では152万円、西日本では131万円となっており、こちらも東日本と西日本では約20万円の差があります…。

都道府県別で見ると、これまた東京都が圧倒的に高く164万円。

二番目がこれまた神奈川県で153万円になっています。

ちなみに永代使用料の相場ですが、全国で69万円、東日本で70万円、西日本で68万円と、こちらは地域によって大きな差が無いのがわかります。

つまり、墓石相場に関しては圧倒的に東日本のほうが高く、その結果としてお墓購入にかかる費用も東日本のほうが割高になるわけです。

ただ、区画の面積を見てみると、東日本の平均は1.66平米で、西日本の平均が2.12平米。

つまり西日本のほうが約30%も広いわけです。

永代使用料は東日本も西日本も変わらないけれど、面積は西日本の方が広い。

ということは、永代使用料に関しても東日本の方が割高ということになります。

いやはや…、西日本と東日本でお墓の値段がこうも違うとは…、驚きですよね。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.