株の用語はまだまだたくさんあります。

株の初心者が覚えておきたい用語をここでもご紹介します。

ここでは、チャートや値動きの様子を知る時に出てくる用語などをまとめておきます。

初心者の私ですが、ここは大事な用語なのでしっかり覚えたいと思います。

・こちらも参考にどうぞ⇒【株式投資入門】日経平均ってなに?初心者が知っておきたいキーワード | ZUU online

★チャートとローソク足とは

株価の動きを一目でわかるように図で表したものをチャートと言います。

株価の一日の値動きを表すのに、一般的にはローソク足というものが使われます。

形がローソクにそっくりなのでこのように言われています。

ローソク足には陽線と陰線があり、陽線は株価が安く始まり高く終わること、陰線は高く始まり安く終わることです。

★ローソク足のヒゲとは

ローソク足に髪の毛のようなものがついていることがあります。

上についている場合は上ヒゲ、下についている場合は下ヒゲと言います。

上ヒゲは取引時間中に始値、終値よりも高い株価をつけていた、下ヒゲは安い株価をつけていたということです。

上ヒゲだけのものや上ヒゲ、下ヒゲ両方ついているものがあります。

★ローソク足がわかれば楽しい

株の初心者は、ローソク足を見てもあまりよくわかりませんよね。

これを理解しておけば、一つのローソクを見るだけで始値、終値、高値、安値の4種類がわかるようになります。

この図は何だろうと思っていましたが、株価の動きを表すものだとわかりました。

これを参考にして、どの株を買うかを決めたいですね。