株の初心者がやりがちなのは、あまり株取引について理解していないのに取引を始めてしまうことです。

初心者は株取引の用語をできるだけ多く習得してから取引を始めるようにしたいですね。

まだまだ覚える用語がありますので、ご紹介しておきます。

★長期投資とは

長期投資というのは、長期間にわたって株を持つ目的で買う投資スタイルのことを言います。

すぐに売ってしまうのではなく、長期間保有することで配当金や株主優待を継続してもらうことを目的としたものです。

配当が良い銘柄だと、長期間保有すればそれだけ定期収入が得られます。

長期投資は、一度株を買ってしまったらそのまま保有しておくだけでOKなので、株の取引に時間が取れない人に向いています。

★短期投資とは

短期投資は、長期投資とは逆で株を短期間のみ持つスタイルです。

安い時に買って少しでも値上がりすれば売るのを繰り返し、利益を得る方法です。

短期投資は、大きな利益を一度で得るものではなく、小さな利益を少しずつ積み重ねていくものです。

そのため、常に株価をチェックしなければなりませんし、取引回数も多くなります。

取引に時間を取れる人に向いています。

短期投資で注意したいのは、取引回数が増えることで手数料がかさんでしまうことです。

なるべく取引手数料がかからない口座を選ぶことも大切ですね。

私は初心者で、まだよくわからないため、配当や株式優待が良いところを買って長期投資の方法にしようかなと考えています。